蕁麻疹
私が最近うれしかったことは、原因不明である蕁麻疹による痒みからようやく解放されたことです。45歳にしてたいした病気にかかったことがなかった私には、非常に苦しかった病気でした。

この夏も暑かったため、夜中に汗をかいて体を掻きむしることから原因不明の蕁麻疹は始まりました。最初はそのうち治まるだろうと軽くみていたのですが、上半身を中心に掻く場所は増えていきました。以前買い置きしていた市販の塗り薬で対処していましたが、それが今度は頭に来たのです。頭が痒くて痒くて夜中に何度も起こされました。初めはシラミでも湧いたのかと頭を何十年ぶりに坊主頭にしました。すると余計と掻きむしりやすくなり、頭皮がボロボロ剥けてくる状態でした。

私は病院が嫌いなので、ここまで来てもまだ病院には行きませんでした。とりあえず市販の頭の痒み止めの塗り薬を購入し、かけていました。ステロイドが入っているらしくちょっと怖かったのですが、やむを得ません。この頭の痒み止めの薬はメントールが入っていて、頭がスースーして爽快な感じがします。しかし夜中に痒みで起こされることは続き、最初は効いていた薬もあまり効果が無くなってしまったのでした。

それでもまだ病院には行かず、今度は痒みに効くという製薬会社のシャンプーを購入しました。最後の望みでシャンプーしましたが、シャンプー後3時間程度は痒みは治まりますが、夜中に痒くて起こされたのです。そしてある朝起きるとおでこ周辺から頭皮にかけて干上がった田んぼのように乾燥してひびが入っていました。さすがに観念して近所の皮膚科に行ったのでした。

80歳くらいのおじいちゃんの先生だったので、不安でした。案の定原因は特定できませんでした。しかし処方されて塗り薬を塗ると、1週間ほどでみるみると回復したのでした。ここで安心して私は塗るのを止め、禁止されていたシャンプーを使って洗髪しました。久しぶりにシャンプーで洗髪するとすっきりしたのでした。
しかし翌朝起きると、1週間前より酷い状態に変わっていたのです。私は慌てて病院に行き、「シャンプーしたらこうなった」と説明しました。すると先生にこっぴどく叱られ、きちんと薬を塗り、シャンプーや石鹸は使わないように厳しく指導されました。こうして2週間後にようやく全身の痒みから解放されたのです。